蓄膿症の症状は?治療は薬(漢方など)や手術!|慢性副鼻腔炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

慢性副鼻腔炎とは?

一般的には、急性副鼻腔炎が長引き慢性化した場合に「慢性副鼻腔炎」となります。
慢性化する理由には以下のようなものがあります。

・鼻茸(鼻ポリープ)によって、鼻と副鼻腔をつなぐ「自然口」という排泄路が塞がれ、副鼻腔(特に上顎洞)に膿がたまる

・花粉症やアレルギー性鼻炎によって長期間鼻腔内に炎症が起こり自然口が狭窄を起こす。
(炎症が長引くと鼻茸ができやすくなります)

・風邪やインフルエンザに続発して急性副鼻腔炎が起こり、それが慢性化する
(最初に風邪やインフルエンザウィルスで鼻腔粘膜の免疫力がダメージを受け、そこから続けて細菌や真菌による感染が起こります。)

・生まれつき自然口が狭く副鼻腔炎を起こしやすい

一般的な慢性副鼻腔炎とは別に気管支喘息に合併する慢性副鼻腔炎というのがあります。
こちらは基礎疾患に「気管支喘息」がある場合に高頻度で合併する慢性副鼻腔炎になります。

一般的な慢性副鼻腔炎に比べるとこちら(気管支喘息に合併するタイプ)は、多発的に鼻茸が発生しやすいという特徴があります。

 

副鼻腔とは?

副鼻腔は頭蓋骨内にある広大な空洞のことで4つの部位に分かれています。
その4つの部位とは上から順に

・前頭洞(ぜんとうどう)
・篩骨洞(しこつどう)
・上顎洞(じょうがくどう)
・蝶形洞(ちょうけいどう)

です。

この中で最も大きく鼻から副鼻腔をつなぐ「自然孔」と直接接続していて、構造上の問題点から膿が溜まりやすいのが「上顎洞」になります。

本来上顎洞に溜まった膿は自然口を通って鼻から鼻汁として排泄されるのですが、炎症のダメージや鼻茸によって自然孔がふさがってしまうのが慢性副鼻腔炎です。

 

慢性副鼻腔炎の症状

病名は「慢性副鼻腔炎」ですが、鼻腔粘膜の奥の方まで広範囲に炎症を起こしやすくなるため、様々な症状を起こす傾向があります。

その症状を一覧にすると

・鼻汁が大量に出る

・強い炎症や感染を示す色のついた鼻水がでる(黄色や緑色)

・慢性的な鼻づまり

・頭痛

・顔痛
上顎洞に膿が溜まると頭蓋骨の内圧が上がり上顎洞周囲の神経を圧迫することで起こります。

・いびき

・異臭、悪臭

・嗅覚低下

・味覚低下
嗅覚が低下すると味がわからなくなります

・食欲不振
味覚の低下で食事の楽しみがなくなると起こりやすくなります

・鼻出血
鼻腔粘膜が荒れて出血します。

・不眠傾向
鼻づまりで寝ている間の呼吸がしづらく、睡眠不足になりがちです

・不定愁訴
睡眠不足からイライラしやすくなります

・うつ病、うつ状態:不眠傾向に合併しやすい精神症状です

・ドライマウス
口呼吸することで発生しやすくなります

・歯周病、虫歯
ドライマウスで口腔内の衛生環境が悪くなります

・紅潮
鼻づまりで血圧が上がると起こりやすくなります

・高血圧

・咽頭痛
鼻腔から副鼻腔にかけての炎症が喉にまで広がる場合があります。

・嗄声(かせい)
ドライマウスや咽頭痛などが原因で声がかすれます。

・後鼻漏
鼻汁が喉側に漏れてしまう症状です。気管支喘息を助長すると言われています。

・眼圧の上昇

などです。

ざっと挙げただけでもこれだけの症状があるので、副鼻腔炎はいかに深刻な病気であるかということがわかります。

 

慢性副鼻腔炎と蓄膿症の違いとは?

蓄膿症は上顎洞に膿が慢性的にたまっている状態を表す病名です。
慢性副鼻腔炎の主な症状が上顎洞に膿が溜まることなので、ほとんどの場合「蓄膿症を発症している=慢性副鼻腔炎である」と言えます。
そのため、蓄膿症が原因で続発的に起こる上記の症状のうち、後鼻漏や鼻出血などもまとめて蓄膿症として治療するケースが多いようです。

 

慢性副鼻腔炎の原因は!?

この病気の一番の原因は風邪やインフルエンザの後に発生する「急性副鼻腔炎」です。
急性副鼻腔炎が治りきらずに慢性化して「慢性副鼻腔炎」となります。

それ以外の原因としては以下のような疾患が挙げられます。

・アレルギー性鼻炎、花粉症
・気管支喘息
・鼻茸(鼻ポリープ)
・黄色ブドウ球菌感染症
・肺炎球菌感染症
・先天性の鼻腔(自然口部)狭窄

などです。
原因として多いのは鼻腔内~上気道にかけて感染する病原菌と、アレルギー性鼻炎になります。

 

慢性副鼻腔炎の治療法

基本的には以下の3つが治療の柱となります。

定期的に耳鼻科で副鼻腔(上顎洞)に溜まった膿を綺麗に洗浄する

感染症でおこる慢性副鼻腔炎には有効な手段です

マイクロライド系抗生物質(クラリスやエリスロマイシン)を少量ずつ長期間投与する

現在主流の治療法です。マイクロライド系抗生物質には菌を殺すだけでなく粘膜を強化する作用が確認されています。

外科手術

原因が真菌(カビの一種)によるもの、あるいはマイクロライド系抗生物質の投与では効果が上がらない時には手術が適用されます。
現在では「内視鏡的副鼻腔手術」が主流となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。