鼻がつまる!鼻づまりの解消方法や原因(メカニズム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鼻詰まりのメカニズムと原因を知る!

鼻詰まりとは鼻腔をとおる空気の流れが悪くなることで起こる不快な感覚で、主な原因は

  • 鼻腔粘膜の腫れ
  • 鼻茸と呼ばれるポリープの形成
  • 鼻中隔と呼ばれる鼻の中を左右に分ける仕切り板の変形

などが考えられます。

では、それぞれの原因について詳しく説明していきますね。

 

鼻腔粘膜の腫れによるもの

風邪やインフルエンザウィルスに感染した粘膜が炎症を起こすと、その部分が腫れを起こして鼻づまりがおこります。
この場合は一過性のもので、感染症が治癒すると鼻づまりも解消されますが、二次感染を起こすと慢性鼻炎を起こし治療が長引く場合もあります

感染症に次いで多いのがアレルギーによる炎症からくる「腫れ」です。
大人のアレルギーは難治性の疾患になることが多いのでこちらは継続的な長期治療が必要です。

しかし、完治は望め無いのであくまでも症状を和らげる対症療法が中心となります。

アレルギーには花粉症のように季節性のあるものと、ハウスダストや化学物質によるアレルギー性鼻炎のように通年で炎症を起こすタイプがあります。

季節性のあるものは、アレルゲンの飛散時期がすぎると症状は落ち着きますが、通年性のアレルギーは薬を飲み続ける必要性があります。

 

鼻茸による狭窄が原因となるもの

鼻茸とは、鼻腔内にできるポリープ(良性腫瘍)のことです。
この病変が生じる原因は上記のようにアレルギーや慢性鼻炎などで継続的に鼻腔粘膜に炎症が生じることで組織が腫瘍化すると考えらえています。
良性腫瘍なので自己増殖能力はなく、鼻炎が消失すれば自然と代謝されて消失しますが慢性的な鼻炎状態ではいつまでも誕生しつづけます。

また、多発的に発生した場合は外科手術が適用されるケースとなります。

 

鼻中隔の変形によるもの

これは主に顔面打撲や尾骨骨折などの怪我によるもので、鼻腔内で鼻からすった空気の通り道を左右に仕切っている「鼻中隔」と呼ばれる仕切り板が、変形してしまうことで鼻づまりを起こします。(鼻中隔湾曲症)

 

鼻詰まりの解消方法

鼻づまりの解消方法としては、鼻づまりを起こしている原因を取り除くことが一番の解決策となります。
したがってここでは、「上で説明した原因」の解消方法を中心として説明を加えていきたいと思います。

鼻腔粘膜の腫れを解消する方法!

風邪などの感染症の場合は、詰まりの原因となる感染症を治療することが第一選択肢となります。

ただし、二次感染を起こし、そこから慢性鼻炎に移行し、さらにそれが原因で慢性副鼻腔炎(蓄膿症)となった場合は治療が長引きます。
どちらの場合も「マクロライド系抗生剤」の長期投与が治療の中心となります。

また、アレルギー性鼻炎の場合は抗アレルギー薬による保存的治療が中心となります。
こちらは難治性の疾患ですので、かなり長期にわたる治療が必要となります。

ただし、アレルギーは加齢によって免疫機能が低下すると症状が落ち着く場合があります。
その時には薬を中止することが可能です。

 

鼻茸による狭窄を解消する方法!

こちらも基本的には鼻茸を起こしている原因疾患である感染症やアレルギー性鼻炎の治療が最優先されます。

しかし、鼻茸が巨大化したり多発的に生じてしまい、狭窄が強くなってしまった場合には
「内視鏡的鼻ポリープ切除術」
という手術が行われます。

基本的に日帰り可能な手術ですが、予後(治療の経過)のために一週間ほどは自宅で様子見をすることになります。

また、非常に安全性の高い手術ではありますが、鼻腔粘膜を切除するため、手術後はその部分が肥厚して健康な時よりは空気の通りが悪くなり軽度の鼻詰まり感や息ぐるしさは残ることが多いようです。

 

鼻中隔の変形による狭窄を解消する方法

変形が軽度ならブリーズライトのような鼻腔を拡張する器具を使って気道を確保します。

しかし、変形が高度で狭窄が強い場合には「鼻中隔湾曲症手術」を行います。

こちらも基本的には短期の入院で済みますが、(1〜2日程度)手術は全身麻酔下で行われます。
予後はだいたい10日から14日程度は自宅療養となるでしょう。
出血が止まって痛みがなくなり、呼吸が楽になれば完治です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。