鼻水が黄色や緑色、オレンジ色や赤色になる原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鼻水に色がつく理由とは?

鼻をかんではすぐティッシュを捨ててしまうので、あまり注意深く鼻水を観察したことが無いかもしれません。

しかしながら、時に「あれ?かなり黄色いな・・・・」と思うこともあるかと思います。

このように、鼻水の色には健康に関する重大な情報が含まれているので、できれば注意してみておいた方がよいでしょう。

ここでは、なぜ鼻水に色が付くのか?を解説します。

主な鼻水の色

鼻水には主に以下のような色があります。

・透明

・黄色

・緑色

・赤色

透明以外の色はその時の体調によって微妙に混ざり合うことがあるので「オレンジ色」や「うぐいす色」のような複雑な色をしている時もあります。

本来の鼻水は鼻腔粘膜から分泌される液体なので透明です。
熱いものを食べた時に出てくる鼻水は、鼻腔から副鼻腔、そして上気道の鼻腔側を保護するために出てくる生理的なものなので透明です。
またアレルギー性鼻炎や花粉症で出てくる鼻水も、特に感染を起こしているわけでは無いので透明です。
このように透明な鼻水でも、アレルギーが原因の場合は病的なものになりますが、「色」のついている鼻水はさらに注意が必要です。

何が原因で鼻水に色がつく?

鼻水に色がつく原因について考えてみましょう。

■「黄色」や「緑色」の鼻水の場合
ウィルスや真菌(カビの一種)などの病原菌に感染し炎症を起こしている証拠

■「赤色」の鼻水の場合
鼻出血を起こしている証拠

■「オレンジ色」や「うぐいす色」の鼻水の場合
感染症+鼻出血が起こっている証拠

一般的には以上の通りとなります。

黄色から緑に変わった鼻水には要注意!

「黄色」と「緑色」の鼻水が出た場合は、感染症による炎症からくるものだということは上記の説明の通りです。

ただし、透明な鼻水でも感染症の初期では色は付きませんので、「喉が痛い」、「熱っぽい」、「咳が出る」、「体がだるい」などの異常を感じている場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

感染症は拡大防止のためにも、初期の段階で治療する事が非常に重要な意味を持ちます。

少し話が横道に逸れたので「色のついた鼻水」に戻しましょう。

「黄色」の鼻水の場合!

鼻水の色が「黄色」の場合は感染症を起こしている証拠ですが、同時に免疫系が機能している証拠でもあります。
というのも「黄色」の色の大半は白血球の死骸だからです。

白血球とは免疫系の最前線で働く免疫細胞で、マクロファージや好酸球、好中球、などいろいろな呼び名があります。
これは白血球の種類を表したものでまた後ほど詳しく説明します。

白血球は病原菌を見つけたら自分自身の中に取り込み、その病原菌ごと自滅して菌を殺してしまいます(好中球、単球、マクロファージの場合)。

人の体には特定の病原菌に対抗するための専門的な攻撃隊の「抗体」があるのですが、この「抗体」が作られるまでの間無作為に病原菌などの異物に攻撃を仕掛けるのが白血球の役割です。

したがって乳白色〜黄色っぽい色の鼻水には仕事を終えた白血球の死骸が沢山含まれているのです。

「緑色」の鼻水の場合!

一方で鼻水の色が「緑色」の場合は「黄色」の時よりもさらに深刻な事態に陥っています。
なぜなら免疫系が、感染の拡大に追いついていないことを示しているからです。

「緑色」は感染からくる炎症が強まり、膿が沢山出ていることを示しているのです。
鼻水は鼻腔から副鼻腔にかけて分泌される粘膜液なので、この場合は「鼻腔炎」あるいは「副鼻腔炎」を起こしていることが強く疑われることになります。

白血球の種類について!

ここで一旦白血球の種類について説明しましょう。
白血球には以下のような名称があります。

■顆粒球
白血球の約半数を占める細胞です。
顆粒球はさらに「好中球」「好酸球」「好塩基球」に分類されますので、後ほど説明します。

■リンパ球
リンパ液に含まれる白血球で、胸腺に達し成熟したものが「T-リンパ球」、胸腺を通らないで成熟したものを「B-リンパ球」と言います。
リンパ球のおよそ75%が「T-リンパ球」になります。

■単球
上記以外の白血球です。
単球は好中球に次いで侵入してきた異物を貪食(異物と認定されたものなら無作為に取り込む能力)する作用の強い白血球です。

■マクロファージ
単球が血液から細胞に入り込み、細胞内にいる異物を処理する時の名称です。

顆粒球の種類について

白血球には以上のとおり4種類ありますが、このうち「顆粒球」は以下の3つに分けられます。

■好中球
顆粒球の大半を占める血球細胞で、細菌などの異物を駆逐するための中心的な役割を担っています。異物に突進して攻撃する「遊走能」とその場に留まって異物を処理する「貪食能」とがあります。

■好酸球
特殊なたんぱくを放出して寄生虫や虫卵を処理する顆粒球です。
しかし、喘息や薬物アレルギーなどのアレルギー反応を誘発する物質でもあります。

■好塩基球
粘膜に取り付いた異物を処理するための顆粒球で、ヒスタミン、ロイコトリエン、ヘパリンなどを含んでいます。
「ヒスタミン」という物質の存在からもわかるように鼻炎や花粉症、アレルギー性鼻炎は好塩基球の過剰分泌が原因と考えられています。
(抗ヒスタミン剤は好塩基球の過剰分泌を抑制する薬です)

まとめ ~鼻水に色が付くという事!~

このように、鼻水から風邪や蓄膿症といった病気を発見できる可能性があります。
鼻の調子が悪いなぁ、という場合は、まず鼻水の状況を確認してみましょう。

鼻水が黄色や緑の場合、蓄膿症の漢方として有名な「ケイガイレンギョウトウ」を試されてもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。