難病「好酸球性副鼻腔炎」とは何?診断基準や治療、薬、症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

好酸球性副鼻腔炎とは?

好酸球性副鼻腔炎は現在国によって難病に指定されている病気の一つです。
病気の概要としては、鼻腔内の両側に多数の鼻茸(鼻ポリープ)ができ、手術をしてもすぐに再発してまう「難治性の慢性副鼻腔炎」です。

特徴は?

最初は慢性副鼻腔炎の通常治療を行うのですが、マクロライド系抗生剤投与や手術では効果はなく、ステロイド内服薬を投与すると症状が軽快するという特徴があります。
ただし、ステロイド内服薬では完治するということはないので、難病指定を受けている病気です。

一度発症すると、症状に合わせてステロイド内服薬の量を調整しながら服薬を続けなければなりません
特に風邪やインフルエンザの流行期に途中で中止や中断してしまうと、細菌感染をきっかけとして鼻茸が再発し、さらに症状が悪化しやすい傾向があります。

※風邪やインフルエンザの流行期以外の場合は、鼻茸の状態が落ち着くと一旦ステロイドを中断し、また流行期の直前から投与を開始するというのが一般的な治療法になります。

好酸球性副鼻腔炎の症状とは?

水ぶくれ状の鼻茸が鼻の両側に多発的に出来るというのが最大の特徴です。

また、喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症など鼻粘膜に炎症を起こす基礎疾患があった場合もその刺激によって罹患リスク(病気にかかる可能性)は上がります。

好酸球性副鼻腔炎の原因とは?

気管支喘息や薬剤性喘息(アスピリンなどの解熱剤の副作用で気管支が狭窄して発病する病気です。)を基礎疾患に持っている人がかかりやすい病気です。

喘息があるから好酸球数が上昇するのか、あるいはその逆なのか、詳しい因果関係は不明ですが、好酸球性副鼻腔炎を発症している人の調査では

・喘息が先の人
・好酸球増加症が先の人
・両方の病気が同時発生の人

がほぼ同じ割合を示しています。

このことからも、気管支喘息や薬剤性喘息と好酸球増加症がこの病気の原因疾患であることは疑いようのない事実でしょう。

また、こうした基礎疾患を持っている人が風邪やインフルエンザにかかると発症リスクが一気に上昇するので風邪やインフルエンザが流行するシーズンは要注意です。
今のところ、「全身性の呼吸器疾患である」ということ以外の詳細は判明していない原因不明の疾患です。

全身性の呼吸器疾患の意味

上で出てきた「全身性○○疾患」とは、全身のどこかで不調が起こると特定の場所にも影響が出るという意味です。

したがってこの場合の「全身性呼吸器疾患」という意味は

身体のどこかで好酸球が上昇すると、その影響で呼吸器に不具合が出る

という意味になります。

好酸球性副鼻腔炎は

・症状が出る場所が鼻腔から副鼻腔にかけて
・原因疾患として「喘息」と「好酸球増加症」とがある

ことから、

体のどこかで好酸球が上昇する ⇒ 喘息発作が起こりやすくなる ⇒ 好酸球性副鼻腔炎が起こりやすくなる

という流れになります。

好酸球性副鼻腔炎の治療法とは?

この病気の確定診断後には幾つかの段階的な治療法が適用されます。
それは以下の通りです。

■色のついた鼻汁が出ている場合は感染症の存在が疑われるため、抗生剤が投与されます。
クラリスやエリスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質がメイン

■感染症が落ち着き、鼻汁が透明になったらステロイド内服薬の投与を開始ます。
プレドニン、セレスタミン

■ステロイドは約3ヶ月、減量を行いながら投与を続けます。

■一旦寛解(治療が不要となるまで改善すること)が認められたら投与は中止します。

しかし、再発率の高い病気なので、再発後は再び上記の投薬治療が繰り返されることになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。