急性副鼻腔炎は虫歯が原因?治し方は?抗生剤(薬)の種類!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

急性副鼻腔炎ってなに?

風邪やインフルエンザなど上気道に感染する感染症で体力が低下した後に続く感染症から起こる病気です。
副鼻腔とは頭蓋内に広く広がっている空洞のことで、その範囲は額から鼻の穴の横にあるほほ骨との間のくぼみまでに及び、さらに4つの部位に分類することができます。

その4つの部位とは上から順番に

・前頭洞(ぜんとうどう)
・篩骨洞(しこつどう)
・上顎洞(じょうがくどう)
・蝶形洞(ちょうけいどう)

になります。

急性副鼻腔炎の場合はウィルス感染によって鼻と副鼻腔とをつなぐ「自然口」と呼ばれる排泄路が炎症を起こし、悪化するとそこから副鼻腔全体に炎症が広がる場合もあります。また、急性副鼻腔炎が慢性化すると「慢性副鼻腔炎」になりますが、この時には主に「上顎洞」に膿が溜まり続け自覚症状が継続するケースになります。

急性副鼻腔炎の自覚症状の一つでもある鼻水は「上顎洞」に溜まった膿によるものです。自然口に直接繋がっている上顎洞は構造上の問題で膿が溜まりやすいからです。

急性副鼻腔炎の症状とは?

・鼻づまり
・鼻水
・頭痛
・顔面痛
・鼻の奥から異臭、悪臭がする
・嗅覚、味覚の低下
・鼻水が喉の方に落ちていく(後鼻漏:こうびろう)
・咳や痰がたくさん出る

などが主な症状になります。

急性副鼻腔炎の原因

それ以外の原因としては

・風邪やインフルエンザなどのウィルス感染に続発して起こる細菌感染
・真菌(かび)の感染
・虫歯や歯周病
・生まれつきの副鼻腔形成異常(先天的要因)

などが考えられます。]

急性副鼻腔炎の治療法

急性副鼻腔炎の治療は日本鼻科学会が推奨するガイドラインに沿って行われるのが一般的です。
その治療法としては主に3つの方法があります。

鼻からチューブを入れて、副鼻腔内を綺麗に洗浄する方法

これによって副鼻腔内の膿だけでなく細菌も同時に洗い流すことができます。

抗生剤が入ったネブライザー治療

ネブライザーとは吸入のことです。薬品を入れた精製水に高圧をかけて鼻粘膜や副鼻腔に直接薬品を噴霧して治療します。
急性副鼻腔炎は感染症なので、抗生剤を用いたネブライザー治療が行われます。

投薬治療

抗生剤や副鼻腔の粘膜を正常化する薬などが投与されます。
急性副鼻腔炎の場合にはセフェム系、マクロライド系、ニューキノロン系の抗生剤が使われます。

■セフェム系として
セフゾン、フロモックスなど

■マクロライド系として
クラリス、フロモックスなど

■ニューキノロン系として
タリビット、バクシダールなど

その他の治療薬

■粘液調整薬
鼻腔や副鼻腔の粘膜を調整する薬です。
服用することで鼻水のキレがよくなります。
ムコダイン、ムコソルバンなど

治療に際しての注意点

・歯や歯茎の炎症から副鼻腔炎が起こっている場合は歯科の治療も並行して行う必要性があります。

・真菌(カビの一種)が原因で副鼻腔炎を起こしている場合、急性、慢性を問わず手術の適用を勧められるケースがあります。

現在では治療技術が進化し、内視鏡による副鼻腔手術も可能になりました。
しかし、安全性が高まったとはいえ、粘膜を傷つける手術が行われることになるので、手術を受けるかどうかはきちんと主治医と相談して決めるようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。