副鼻腔炎(蓄膿症)の手術費用や入院期間、日帰り手術とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副鼻腔炎(蓄膿症)が酷くなった場合、手術が必要になることがあります。
ここでは手術の内容と費用、入院期間についてお話します。

その前に、まずは副鼻腔炎についての簡単なおさらいから始めましょう。

副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎とはその名の通り副鼻腔という部位に炎症がおこり、膿が溜まる病気です。
副鼻腔は頭蓋内に広がるとても大きな空洞で、その範囲は額から口の上(上顎)にまで及びます。

また、副鼻腔は4つの部位に分かれており、上から

  • 前頭洞(ぜんとうどう)
  • 篩骨洞(しこつどう)
  • 上顎洞(じょうがくどう)
  • 蝶形洞(ちょうけいどう)

となっています。

副鼻腔炎全体の95%以上を占めるのが、鼻腔と副鼻腔をつないでいる「自然口」に直接つながっている「上顎洞」に膿が溜まっていく症状です。

これは

  • 風邪
  • インフルエンザ

などのウィルス感染症、または

  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症気管支喘息

などによって鼻腔粘膜に炎症が起こり、それが長期化して自然口に鼻茸(鼻ポリープ)が形成され、自然口をふさぎ上顎洞に溜まった膿が排泄されないことで起こります。

※自然口とは上顎洞に溜まった膿を鼻汁として排泄するための排泄路になります。

副鼻腔炎には急性と慢性があります!

急性副鼻腔炎とは主に風邪やインフルエンザなどの後にさらに真菌(カビの一種)や他の病原菌に感染することで強い炎症反応が起こり鼻づまりや鼻水を中心として色々な自覚症状をもたらす病気です。

慢性副鼻腔炎の90%以上は急性副鼻腔炎が治りきらずに慢性化することで起こります。

副鼻腔炎手術は

  • 重症化している場合
  • 抗生剤での治療での効果がない時
  • 原因が「真菌」によるものの場合

に適用される治療法です。

かつての副鼻腔炎手術は痛かった!!

(慢性)副鼻腔炎は「蓄膿症」とも呼ばれています。

かつて行われていたこの病気に対する手術は

  • 上唇の裏を大きく切開する
  • 顎の骨を削る

というような大掛かりなものでした。
ちょうど顔の筋肉をめくるようなイメージです。

もちろん全身麻酔で入院期間も長期間にわたり、広範囲に切開を行うので術後の感染症リスクも高く、ちゃんとものが食べられるようになるまでには退院後もリハビリが必要なほど予後の悪い手術です。
術後の創部痛も強く、かなりの大手術であることは間違いありません。

しかし、現代では「内視鏡手術」が開発され副鼻腔炎手術は大きな変革を遂げました。

現代の副鼻腔炎手術は痛くない!

前のパートでも書いたように現代の副鼻腔炎手術は内視鏡を使ったものが主流です。

内視鏡手術は鼻の穴から内視鏡を入れながら行うため

  • (通常は)局所麻酔での手術が可能になった:これは麻酔による侵襲(ダメージ)を大幅に減じるという大改革を意味しています。
  • 手術時間と入院期間が短くなった:内視鏡手術の場合麻酔の導入から手術が終わるまでおよそ一時間程度で済み、場合によっては日帰り手術も可能です。(通常でも3日程度の入院で済みます)
  • 予後がよくなった:予後とは治療後の経過のことです。

手術時間や入院に必要な期間が大幅に減ったことで、予後(手術後の状態)は飛躍的によくなりました。
切開も小切開で済むか、無切開で切除創だけになるので、ダウンタイム(以下のパートで詳しく説明します)も大幅に短くなっています。

内視鏡手術にも種類がある!

内視鏡種類には病態によって幾つかの手技に分類されていますので、ここでは手技ごとにどのような手術が行われるのかについて説明していきましょう。

内視鏡下副鼻腔手術(ESS)

通常は局所麻酔で行われますが、副鼻腔炎の状態や患者さんの希望によっては全身麻酔で行われる場合もあります。

鼻の穴から内視鏡を入れ、鼻茸や病変部を取り除いていきます。
こうすることで自然口が広がり、鼻が本来持つ自浄機能が元の状態に近い程度まで回復します

現在では「マイクロデブリッター」という器具が開発され、手術時間がさらに短縮されています。
この装置はポリープや膿を取り除きながら吸引していくという電気カミソリのような器具です。

拡大前頭洞手術

副鼻腔の最上部にある部位で額から鼻の上にかけて広がる部分が「前頭洞」です。

この部分に炎症が起こると眼痛や頭痛が起こることがあります。

前頭洞も鼻腔とダイレクトにつながっているので炎症が強い場合には内視鏡手術が可能です。
ただし、症例としてはあまり多くありません。

日常生活に復帰するまで(入院期間など)

手術の内容は上記のように1種類ではありません。
しかし、手術が異なっても術後の経過(予後)はほとんど変わりません。

手術当日には止血用のガーゼが詰められているので、鼻呼吸はほぼ困難です。
2~3日たっても止血しない場合は止血処置と安静が必要です。
そのため、内視鏡手術でも3日ほどの入院期間を設けているのが一般的です。

飲食の際に口を動かすと、痛みを感じる場合があるので、止血までの間は柔らかいものを中心とした食事を心がけるようにします。

それ以外は日常的な生活を送ることが可能です。

1週間ほど経過して、術後の感染創部の癒着などが確認されなければそれで治療は終わりとなります。

ただし、副鼻腔炎は再発リスクのある病気なので手術の適用は医師とよく相談の上決めるようにしてください。

費用はどれくらい??

手術費用としては、手術費用のほかに麻酔費用や入院代、検査費用がかかりますが、合計で25~30万くらいかかるといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。